西日本の穴場ソープ街 高松『GIRL』体験談

地方のソープ談義をする時に四国地方はあまり話題になりません。おそらく全国的に四国の繁栄ぶりを知る人は少なく、風俗に対しても関心が薄いのです。四国で有名なものというと「讃岐うどん」や「四万十川」「栗林公園」など、あまり都会的なキーワードは聞かれません。

しかし四国の特に香川県などはかなりの都会です。女性の社会進出率や交通事故数などもトップレベルであり、これれは香川県が大都市であることを表しています。高松などはシーサイドエリアの開発が盛んで、現代的な観光地化が進み、大型商業施設の建設など、著しい発展を遂げている場所でもあります。

この高松には明治の頃から「八重垣遊郭」として知られた歓楽街があり、赤線地帯に変遷していきました。現在は城東町にソープ街があります。高松ソープランドの品の良さはマニアの評価が高く、特にコンパニオンのビジュアル面とプレイの完成度の高さには驚かされます。高松の女性は全国でも「女社長」の多い地域であり、女性で出世する人が多いのです。金銭感覚に長けて柔和な性質で、それはソープランドのような風俗業においても同様な取り組みかたをするからなのかも知れません。美容に関する手入れも行き届き高級クラブにいるコンパニオンさながらの「いい女」がゴロゴロ在籍している印象です。

『GIRL』は城東町の中程にあります。店舗は最近オープンしたばかりで、以前も同業が営業していました。コンパニオンの在籍数は50名はおり、年代的には20代前半が主力です。いわゆる高級店に属する店舗でもありますが、短時間コースの金額が安く、コース分けによりコンパニオンも分類しているようです。高級店と大衆店の混在型のソープは吉原や福原などでも見られますが、そういった系統の店舗と思ってよいでしょう。

ヘブンネットの人気店ランキングでは常に上位に入る人気店です。

1軒1店舗で大きく、店内は南国リゾートを思わせる清潔でセンスのいい、気持ちのよい造りです。高級店並のスタッフの対応とサービスで、他の地域から訪れたソープファンを納得させます。

〈システム〉
お試しコース・・60分23000円

90分・・・35000円
120分・・50000円
180分・・70000円

(会員は5000円OFF円)
指名料1000円・本指名料2000円

〈体験レポート〉
5月某日午後17時(平日)

JR高松駅に下り立ち、前日予約で送迎をお願いしており、高級車によるお出迎えを受けました。城東町は客引きが多くいるために、店側からの配慮で送迎を勧められたのでした。店に入り受付し、そこで120分の総額を支払います。ホームページで気になったコンパニオンAちゃんを指名しました。

店内は城壁にウッド調の調度品できれいにしてあり、ソープランドとは思えない空間です。待合室も広く、スーツ姿の中年男性が二人座っておられました。

〈コンパニオンの評価〉
ネット写真との誤差も無く、美形の泡姫でした。プレイ内容は一般的な混浴→マット→ベッドでしたが、一つ一つの技が凄くて驚かされました。初来店なのですべてのコンパニオンがそうだとは言い切れませんが、Aさんはゴム無し挿入可能でした。温厚な性格ときっちりとした仕事はかなりの好評価です。

店舗全体のサービスの質が高いのでオススメできる優良店で、ここなら長いコースを選択することを考えてもよいでしょう。高松は店舗数が少ないですが、1店舗に在籍するコンパニオンが非常に多いので、数回通っても飽きることはありません。

神戸淡路鳴門自動車道で淡路島経由なら大阪市内からでも3時間かからずに到着でき、岡山経由なら瀬戸中央自動車もあります。主要駅のJR高松駅とソープ街のある城東町は1kmほどの距離でタクシーなら10分かかりませんし、ほとんどの店舗が送迎サービスを実施しておりアクセスのしやすい場所です。